ABOUT

甲冑工房丸武
甲冑工房丸武

丸武は1958年に釣り竿メーカー丸竹として設立 先代の田ノ上忍『光忍』の趣味や技術が高じて、 当時から現在に至るまでのTV・映画・博物館写・時代祭・舞踊・歌舞伎・甲冑ウェディングなどで使用 日本各地・世界の皆さまにご愛用頂き 『鹿児島県伝統工芸指定』をいただいております。 当時の甲冑には様々形がある中、本歌(本物)の甲冑の美しさを損なう事の出来ない弊社の意地がございます。 日本古来の甲冑の美しさ、阿古陀(あこだ)の兜や筋兜の美しさ、本物!!を世の中に伝えて行きたい!! それが弊社の願いであります!! 当時の甲冑を本来の技法で製作した場合、製作期間1年~2年 (弊社が製作している博物館本歌写でも1年は掛かります) それには家1件分の価格とは言いませんが、甲冑によっては金・銀箔・あらゆる部分に彫金を施します。 それゆえに製作の手間暇によって甲冑の美しさが反映されてきます。 当時の武将もその昔、甲冑師に依頼し自らの甲冑製作依頼をしていた事でしょう、、、 弊社の現在のラインナップの甲冑はあくまで基準!お客様のオーダーで如何なる甲冑も製作可能です! 実際に武将達が戦で着用した本物の鎧兜の設計どおりに熟練の当職人により、忠実に再現し丹念に仕上げていきます。 鉄板1枚の切り出しから全て弊社の職人の手によって生み出されます。 設計図は存在せず、職人の美的感覚によって再現されています。